映像制作における撮影テクニック

映像制作における撮影テクニック

様々な撮影現場において、構図のあれこれや、ロケーションの優位性、演者へのこだわりなど

いろんな要素が重なり一つの良い作品が仕上がっていくのですが、クオリティーの高い低いは

どういうところで変わってくるのでしょうか?

もちろんいい機材、人材、3DCG編集、特機使用など費用のかけ方でというのは当然ですが、

予算が少ないていでのクオリティーの上げ方

それはちょっとした小道具を使うと、低予算でもひとひねりはいった映像が仕上がるように思います。

例えば、

リングライト撮影インタビュー撮影

リングライトですね。

ご存知の通り、瞳の中に天使の輪が映り込みキラキラ感がでます。

よくアイドルのプロモーションVなどで使う照明ですね

特に女性の撮影にはもってこいのアイテムです。

最近、企業VPの撮影で上記のリングライトを使用しましたがかなり効果的でよかったです。

他には

アンタリ撮影

これも使うとノスタルジックな撮影ができます。

アンタリですね、スモーク発生器です。

煙の中から車が登場など、もしくはスモークを発生させて軽く散らすことにより

幻想的な効果が得られます。

こういう小道具を、使うと映像に一工夫できますね

こういった一つのこだわりが映像の段階を上げると思います。

手間もかかりますが、妥協せず、撮影することに正解があるように思います。

様々な現場で学ぶことが大切に思います。