コロナ禍の事業変革

コロナ禍の事業変革と展開

「コロナウィルス」という外圧

2020年は全世界で誰もが予想しない大きな出来事が起こりました。「コロナウィルス」という見えない外圧です。生活形態も変わり今までの常識が変わり、大いなる変化に戸惑いや疲れ、苦しい仕事環境を強いられる状態が続く中、新しい環境の変化に対応せざる得なくなっています。

映像業界はコロナにどう対応していくか?!

まず映像業界ではリアルイベントがなくなりました。それに準ずる作業もなくなりました。変わりにリアルではない配信という分野が増えたように思います。「リアルと非リアル」映像制作においての撮影などの案件もやはり減り、撮影がない分、編集も減り、広告をうつということも今の状況ではみえなくなってきております。では映像制作会社としてどういう展開をしていくのか?!手探り状態の中、配信映像の分野にシフトチェンジしているところも少なくはないかと思います。

スイッチャー配信動画撮影
*配信・中継撮影・リアルタイム*

配信撮影は今の状況の中、かなり良いと思います。リアルに配信できるのである意味広告効果の高い即効性のあるものだと思います。スイッチャーなどを使えば様々撮影にも対応可能です。

次回はもう少し配信撮影について詳しく書こうと思います。