動画マーケティングとは

映像をつかったコンテンツによって、商品やサービスを顧客のニーズに沿って最大限に魅力を伝えることを目的としたマーケティング手法です。現在はインフラ整備も整い5Gなど動画を手軽にスムーズに楽しめるようになってきています。youtube、facebook、instagramなどSNSが急速に普及したのも動画マーケティングが注目をされるようになった要因です。動画市場は2018年時点で2,000億円規模に近づき、2024年には倍以上になっていくと予想されています。

動画制作者の人材不足

ますます動画市場は大きくなっていますが、一般企業では動画制作の知識や技術を持っている人材はまだまだ多くありません。その為、基本的には外注で動画制作を依頼することが多いようです。そのおかげで弊社のような映像制作会社が多く存在するのですが、市場拡大とともに映像制作業者もどんどん増えています。とはいえ市場の規模から考えますとまだまだこれからの業界です。

動画マーケティングによる内製化

勢いのある動画マーケットですが、外注などのデメリットとしてコストがかかるのと打ち合わせなどの時間もかなりかかってきます。そこで弊社では動画制作における定額制を提案しています。

 

定額制について

動画制作1案件に対し、撮影から編集、納品まで。1案件が完了後、次の1案件に取り掛かります。1か月内であれば2案件でも3案件でも定額でいたします。ただし同時進行はできませんので1案件ごとになります。(定額契約期間は1年間とさせていただきます)

定額制料金プラン

月額10万プラン

:弊社使用編集ソフト(1ソフトのみ)、弊社使用スタンダード機材で完結する撮影編集のみ、撮影は1日(8時間)で完了する撮影のみ。編集はCGなど特殊編集は除外、使用1ソフト内での簡単なアニメーションは可、編集期日は設けていませんが弊社の基準で特殊編集になるかは判断させていただきます。クリエイター1名で完結する撮影編集のみ。

月額20万プラン

:上記内容にプラス動画制作に必要なスキルを教え、貴社内で動画制作クリエイターを育成いたします。

定額制のメリット

・外注コストよりはるかに低価格。

・動画専門社員1名雇用するよりはるかに低額でコスト削減できる。

・編集期間は設けていないためかなりの格安で作りこみができる。

・1案件ごとという形なので簡単な動画制作物なら何個も作れる。

・コミュニケーションをとることが多いので動画制作のコツがわかってくる。

動画制作完成までの流れ

担当者との制作の流れとヒアリング
撮影コンテ等制作、撮影スケジュール決定
撮影
編集
MP4などデータ化し納品

*上記の手順を1案件ごとに行います。

定額外費用について

交通費、宿泊費、制作においての雑費(小道具等)、メイク、スタイリストその他専門クリエイターが必要な場合、特殊機材(ドローン等)特殊編集(3DCG、アニメーション等高度な編集)ナレーション費、スタジオ費
(上記の内容が必要の場合、定額制契約期間であれば、通常より割安価格で動画制作いたします。)
*定額制についてはお気軽にお問合せ、ご相談ください。