映像を武器に広告戦略

ドローン撮影・youtube  CM・TV広告・web動画・映像制作全般

映像制作において大切なものはクオリティーはもちろんですが、何よりは制作意図がはっきりし、そして意図通りにクライアント様に伝わり、かつ成果が上がるということがとても重要になります。プロモーション映像の制作をメインに様々な動画コンテンツに対応しております。近年、youtubeやtiktokなど動画サービスが増える中、ただ動画を作るだけでは頭ひとつ出ることはできません。広告成果を追求し、制作意図どおりの結果を生むことを念頭に置き様々な挑戦をし、熱い気持ちを持ち動画制作の成果を追求しています。

企業プロモーション用 映像制作

プロモーション動画でも様々な用途があります。youtubeで広告動画を流すのも今流行っている一つです。5秒で広告スキップの表示が現れ、30秒以内にスキップすると広告料がかからなかったりなどGoogleのアドワーズ広告の種類です。こういった広告の動画も制作しています。15秒、30秒というTVCMの作りによく似ているのでいかに短時間で広告効果の高い映像を制作するか、ということが重要になります。弊社ではCMプランナー経験者など様々な分野でのスタッフがいますので動画のブランディング、企画構成なども得意としています。

アニメーション・2D/3DCG制作

 

アニメーション動画や2D/3DCGの制作、アフターエフェクトなどのソフトを使い制作しています。専門のスタッフがディレクションから編集まで実写では不可能なものをCG制作しクオリティを高めていきます。イベントでのオープニング用ムービー、会社案内用PRムービーなどCGを使用するのは必須になってきています。実写とアニメーションの融合も素晴らしい映像効果になり、用途、意図にあわせて映像精度を高めていきます。

イベント(記録・中継・配信・撮ってだし)映像制作

2カメ撮影

イベント撮影

イベントの撮影にもいろいろございます。記録として残しておくことやスクリーンに出しゲストに観ていただくためであったり、撮影用途は様々です。撮ってだし撮影というのもございます。撮って出し撮影はまさに今行われているイベントの模様を撮影し、イベント終了前にダイジェスト映像としてその場で編集し上映するというかなり高度な技術になります。弊社は撮ってだし映像こそがもっとも得意とする分野です。撮ってだし映像を取り入れ、イベントを大いに盛り上げることができます。

ライブ中継撮影

コンサートやライブなどを盛り上げるため、スクリーンに出して中継することがよくあります。この場合1つのカメラですと限界がありますので、複数のカメラによりアーティストや演者の表情やバックメンバーなど、様々なシーンを複数のカメラでその場スイッチングすることでよりリアルな映像が撮影できます。放送用カメラ等を使用し的確にそしてすばやくシーン撮影をすることにより臨場感溢れる会場一体感のあるライブを盛り上げることができます。

生ライブ配信

映像機器の進化により、カメラ自体で生配信できるような技術革新が進んでいます。弊社でも配信サービスをとりいれ360°カメラでの生配信など、様々な要望にお答えできるよう技術サービス向上に精進しております。

ミュージックビデオ制作(MV)

アーティストプロモーション

ミュージックビデオはやはりアーティストの楽曲を最大限にプロモーションしていくことが大切です。いわゆるシンガーのイメージビデオになりますので音源とイメージにあった映像を制作していくことが必須です。メジャーからインディーズ、そしてロケ撮影からスタジオ撮影まで状況に応じてベストなMVを制作いたします。価格も低コストでハイクオリティを目指し、アーティスト様のご要望にお応えできるよう努めてまいります。

映 像 演 出

演出コンテ制作

プロモーション動画、テレビ(WEB)CM、映画、製品紹介動画、イベント動画など映像制作において必ず欠かせないもの、それはいわゆるシナリオです。まずは企画から始まりどういったものにするか?という一番大切な骨組みの部分です。良いアイデア、良いシナリオこそがプロモーションする上での肝心なところです。意外とこのシナリオ部分にコストをかけないところが多いのですが、一番大切と言っても過言ではないです。映画で例えるとわかりやすいですが、大変美しくリアルなCGをつかっても内容が面白くないと、映画自体がつまらないというように判断されます。もちろん技術や演者の演技力、予算のかけ具合なども大切ですが、やはり脚本が7割といわれるほど映画には脚本、商品アピールの動画であればどうアプローチするか?という演出の部分こそが制作する上での重要なポイントになります。

演出(絵コンテ、シナリオ)発案から制作まで

弊社では最大の重要ポイントとなる企画、演出、脚本だけにフォーカスしたサービスも得意としております。マジメなものからお笑いジャンルのものまで、様々なジャンルにおいて演出、企画、制作していきます。もともと代表者が映画監督志望から映像制作を始めていることもあり、ディレクション、企画発案、シナリオ構成など感性豊かなクリエイターとともに制作経験を積んでおり、特に企画発案、構成部分は得意としております。お笑い演出、ドラマ演出などの経験もあり、多種多様な案件も請け負っております。お気軽にまずはご相談お問い合わせください。

写真(静止画)撮影

映像制作現場において、写真撮影というのも重要です。今でこそ高性能なカメラが増えており4K、6K、8Kなどの動画から静止画を抜いても写真画質とほぼ変わらないクオリティでできるようになりました。ですが動画と静止画は似て非なるものでもあります。動画は連続性があり、写真は静止です。この一瞬にすべてをかけているといっても過言ではありません。写真のカメラマンは動画に比べるとはるかに多くいると思いますが、昨今、写真動画どちらもできるというカメラマンもかなり増えてきました。ですが弊社では写真案件には写真専門のクリエイターを使っております。やはり専門性の高いクリエイターにより、見事な一瞬をくりぬきます。この技術の差は歴然です。弊社は映像制作会社ではありますが、写真撮影案件も請け負っております。お気軽にお問い合わせください。

制 作 進 行

映像制作現場での制作進行

映像制作現場において、時間というものはとても大切です。準備が不十分で現場が押して撮影に支障をきたすなど、映像制作現場ではよくあることです。そのため、順調に撮影を進めていく上で制作進行という役目のスタッフがいます。役者さんやスタッフなどの控室の手配、お弁当の手配、撮影がスムーズに済むように小道具の準備や仕込み等撮影現場では欠かせない役割となっています。予算などの関係で制作進行費を頂かない場合、撮影アシスタントや、メイクさんなどが少しそういったお手伝いをすることはあります。ですがメイクさんはメイクの仕事があり、アシスタントは撮影補助という役割があります。それぞれ餅屋は餅屋でやるのがやはりクオリティの面からいっても必然なのです。弊社は制作進行のみの現場のお手伝いも請け負っております。映像現場をよく知るスタッフが撮影現場をサポートいたします。まずはご相談ください。